多摩ニュータウン学会では、本年度も、年に一度の学会誌を刊行する予定でおり、会員からの原稿を募集します。下記のように、論文のみの募集ではありませんので、市民学会の特性を生かし、できるだけ多くの方の意見交換の輪が広がればと願っております。また非会員でも応募できる場合もありますので、お問い合わせください。どうぞよろしくお願いします。

1.論文募集について

学会誌に掲載を希望される方の論文・事例報告・研究ノート等の原稿を募集します。ニュータウンに関連していることであれば、個々のテーマは自由です。応募される方は、「論文(研究ノート)応募」と記し、
(1)氏名・所属
(2)原稿タイトル
(3)おおよその分量
(4)書こうとする内容の概要
を、800字以内にまとめ、編集委員会(journal@tama-nt.org)まで、12月末までにお申し込みください。

応募原稿は、担当理事で構成する編集委員会で査読の上、<論文・研究ノート>の章に掲載します。原稿の締め切りは2012年2月末です。

2.活動報告、会員随想募集について

論文や研究の成果ではないけれど、地域活動の報告、活動を通じて感じたこと、ニュータウン地域に暮らした感想など、会員からの寄稿を募集します。写真も載せられます。締め切りは論文と同じく2月末です。寄稿を希望される方は、「原稿応募」と明記の上
(1)氏名
(2)原稿タイトル
(3)内容の概要(どんな種類の原稿か)
を編集委員会journal@tama-nt.orgあてに、12月末までにお申し込みください。

※過去の学会誌目次は、下記をご覧ください。
http://www.tama-nt.org/htm/magazine/bn/index.asp
過去の事例にとらわれることなく、自由な発想で学会誌づくりに参加ください。

たくさんのご応募をお待ちしております。

                 多摩ニュータウン研究第14号編集委員会
                          (文責:理事・荒又)